ひなたぼっこ

    TAG PAGE

    【群馬】うどん茶屋水沢・万葉亭の「水沢うどん」

    この前の帰省時に
    群馬県内の赤城高原サービスエリアで買った
    「水沢うどん」。

    DSC_2153

    讃岐うどん、稲庭うどんと共に「日本3大うどん」と言われており、
    小麦粉、塩、水沢の水だけでできているものが
    水沢うどんと認められているのだとか。


    今回買ったのは「うどん茶屋水沢・万葉亭」のもの。
    茹で方もかなり詳しく書かれていて
    「麺が浮かんできてから茹で時間をはかり始めること」、
    「差し水は絶対にしないこと」などの注意書きがありました。


    付属のごまと、自分で用意した万能ねぎを薬味にして食べました。
    foodpic7809242

    コシがあり、
    つるんとした食感のうどん。
    美味しい!



    関連記事

    【山口】缶入りのマーマレード「夏みかんマーマレード」

    母が山口県などに旅行に行ってきたらしく
    お土産にもらいました。

    DSC_2154
    日本果実工業の「夏みかんマーマレード」。
    私には珍しく感じる缶入りのジャム。
    最初は夏みかんの実(シロップ漬け)の缶詰かと勘違いしたほど。


    開封したらガラス瓶などに移し替えます。

    DSC_2159
    見た目がかわいくて、なんとなく捨てられずにいた
    ボンヌママンとアオハタまるごと果実の瓶がやっと役に立ちました!
    (ボンヌママンの瓶は口が広く、入れ替えしやすかったです)


    甘さは控えめで美味しい!
    ほろ苦さもちょうどいい感じです。
    関連記事

    【青森】「食べるりんごジュース・原果汁」

    6月に秋田県小坂町~青森県十和田市への移動中に
    奥入瀬渓流の「石ヶ戸休憩所・売店」に立ち寄って
    買っておいたりんごジュース。

    その名も「食べるりんごジュース・原果汁」。
    DSC_2077

    よく冷やして飲んでみました♪

    すりおろしの果肉入り。

    りんごそのものの美味しさがあって
    意外とさっぱり。
    関連記事

    どら焼きのような見た目だけど生地がもちもち!@山善

    5きげんテレビとじゃじゃじゃTVで連続して取り上げられていて気になった
    山善の和菓子を買ってみました。

    本店は材木町にありますが、
    フェザン内のお店で購入。


    foodpic7757999
    「もちもち焼き」。(110円)
    どら焼きのような見た目ですが、
    虎柄で、生地のもちもち感が特徴。

    このもちもち感が美味しい♪


    箱入りのものだとデザインもかわいいし、
    盛岡駅で買えるのでお土産にも良いかも。


    ★追記(2017/7/10)
    実家への手みやげに箱入りのもちもち焼きを持参したので
    箱の写真を追記しておきます。
    DSC_2087
    実家の猫が箱を噛んじゃったのですが、
    城型で可愛いですよ♪

    10個入りで1250円です。(※追記ここまで)




    foodpic7757996

    6/30に食べるお菓子だという「水無月」。
    (2つ入って400円)
    半年分の邪気を祓い、残り半年の無病息災を願うものだとか。

    こちらも美味しかったな♪





    関連ランキング:和菓子 | 盛岡駅

    関連記事

    宿泊記☆小坂鉄道レールパーク「ブルートレインあけぼの」

    今までに3度ほど遊びに行っている秋田県小坂町。
    晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編(2011年)
    小坂・鉄道まつり~鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(3)~(2012年)
    エボルタ電車もあります♪小坂鉄道レールパーク(2015年)


    小坂鉄道レールパークに
    廃止となった寝台特急あけぼのの寝台車が入り、
    昨年から宿泊できるようになったということで
    泊まりに行ってきました。


    P1040712

    あけぼのの車両は昼間は
    1番駐車場側の線路に留置してあるため
    16:30になると、駅舎前まで車両を動かします。
    その際に宿泊客はB寝台開放に乗車でき、
    客車が動く音や揺れを実際に楽しむことができます。

    P1040713

    移動が終わると宿泊手続き。
    部屋番号が書かれた硬券を渡されます。

    私たちはA寝台個室に2人で宿泊。
    他に1人定員のB寝台個室もあります。

    A個室はさすがに列車ですから、コンパクト。
    荷物を置ける場所は少なめです。

    P1040751

    そのぶんA個室を2人で使う料金はとても安いです。
    (1人目4320円+2人目1080円=合計5400円)

    肝心の寝心地は…
    やっぱり窮屈だったかな。
    荷物整理と着替えには苦労しました。
    でも現役当時の趣きをそのままに残しているので
    あけぼのに思い出がある方にはたまらない空間だと思います。



    宿泊車両は飲食禁止なので
    飲食はB寝台開放か、駅舎内にある休憩室で。

    夕飯は近隣の飲食店を利用することもできますが、
    私たちは小坂に向かう途中でスーパーに寄り、惣菜類を買い、
    B寝台開放で旅行気分を味わいながら食べました。



    だんだん日が暮れると、ブルートレインに似合う景色が広がっていました。
    P1040745
    まるで今から目的地に向けて出発するみたい!



    朝食は2日前までに予約しておけば、大館市にある花善の鶏めしを用意してもらえます。
    (弁当880円+お茶120円)

    DSC_2056

    この鶏めしの掛け紙は
    あけぼのに泊まった時のみ手に入る限定デザイン。

    鶏めしはわざわざ大館に食べに行くほど大好きな駅弁ですので
    大変美味しくいただきました。


    そして9:00になると
    前日夕方とは逆に、駅舎前から駐車場側の線路にあけぼのを移動させます。
    こちらも開放B寝台に乗車可能なので
    最後の余韻を味わいました。


    ●memo
    ・宿泊予約は公式サイトより
    ・Wi-Fi完備 ただ人が多くなると繋がりにくくなり、夜間はモバイル通信でスマホを使いました
    ・車両の水回り(お手洗い、シャワー、洗面台)は使えないので駅舎内のものを
    ・A個室はコンセントあり B個室はないので駅舎内のものを利用
    P1040733
    ・冬季はあけぼのはトンネル内にしまわれ、宿泊はお休みになります



    さて、小坂鉄道レールパークをあとにし、
    この日は「アカシア祭り」を開催しているので見に行きます。


    雨に濡れた木々と鉱山事務所の並びが素敵。
    P1040760
    今まで小坂町は晩秋や冬に行っていたので
    新緑の姿が新鮮でした。

    P1040758
    あとこの甘い香りがする白い花がアカシアなのだと初めて知りました!
    少し前くらいに家の近くでも甘い香りをさせていて、
    なんの花なのか気になっていたんですよ~。


    もう少しじっくりと楽しみたいところですが、朝から雨が強い!

    小坂観光が初めてであれば、
    屋内施設の小坂鉱山事務所などを見学して楽しめるのですが
    数年前に観光に来たばかりでしたので…。

    一昨年新たに移築・復原されたという「赤煉瓦倶楽部」だけ覗いてみました。
    中ではパンやスイーツ、お土産品を扱っていましたよ~。
    P1040756

    ★追記(207/7/10)
    「赤煉瓦倶楽部」で購入した珈琲葛餅を食べたので追記しておきます。
    DSC_2069

    DSC_2112
    まずはきな粉をかけずに珈琲の香りを楽しんで
    それからきな粉をかけます。

    きな粉をかけると、確かにコーヒーの香りは分かりにくくなるので
    この食べ方がおすすめですね。

    葛餅らしいもっちりとした食感が美味しかったです!(追記ここまで)



    早々に小坂を離脱し、十和田湖経由で青森県十和田市の方へ向けて出発しました。
    関連記事