ひなたぼっこ

    TAG PAGE

    リニューアルしてさらに充実☆浄土ヶ浜パークホテル

    この日の宿泊先は「浄土ヶ浜パークホテル」です。


    おととしも泊まったのですが、その後リニューアルしています。

    まずは客室が個別空調に。
    以前泊まったときは強弱でしか調整できない空調で
    弱にしても暖房が効きすぎてしまったのですが
    今回はとても快適に宿泊することができました♪

    そして1番大きな変化は夕食会場のレストランが
    開放感のあるものに変わっていたこと!
    ビュッフェスタイルなのですが、
    食事をとりにいきやすくなっていて、とても良かった~。


    ライブキッチンでその場で白金豚を焼いてくれたり、
    寿司を握ってくれたりもします。

    前回泊まったときは具材を選べる鍋がありましたが、
    今回は具材を選べる陶板焼き。
    帆立やきのこ類をのせ、バター等で温めて食べましたが楽しかったな♪

    あとは、短角牛シチュー、みずの実しょうゆ漬け、川井村のがっくら漬け、姫竹、いちご煮など。

    デザートはあずきはっとう、宮古産りんごのタルト、田野畑ジェラート。
    IMG_20170315_134830


    そうそう、アメニティに文化足袋があり、驚きました。
    でも浴衣でビュッフェなどに行くと足元が冷えるので
    足袋があるだけで暖かく感じて良かったです。

    部屋の鍵も2本貸していただけるので
    お風呂に入りにいくときも、
    待ち合わせなどを気にせずのんびりできました。


    それとお着き菓子の「浄土ヶ浜塩まんじゅう」が
    ほどよい甘さで美味しかったです。
    ホテルの売店で販売していました♪
    DSC_1741


    ・2名1室/1人あたり 11,016円(お部屋おまかせ訳ありプラン利用)
    ・ビール中グラス 756円



    翌朝。
    12日から供用開始した岩手県初のラウンドアバウト(環状交差点)を見てきました。
    浄土ヶ浜から近い場所にあります。
    DSC_1742
    DSC_1743
    まだ見慣れなくて不思議な感じがします。
    信号がないから、災害時に停電したときの渋滞予防効果が期待されているようですね。



    さて、あとはもう帰るだけですが
    移転した道の駅たろうに足を延ばしてみることにしました。

    今は住所で言うと「岩手県宮古市田老字重津部34-2」、
    田老野球場の近くにあります。

    DSC_1746
    まだ建物は完成しておらず仮設営業中。

    こんぶとわかめを購入しました。
    DSC_1749
    今回の旅は海藻ばかり買っていますが、
    やっぱり三陸の海藻類は美味しいんですよね~。


    これにて今回の沿岸を訪ねる旅はおしまい。
    今年も美味しいものにたくさん出会え、感謝。
    行けば行くほど好きになる場所ばかりです。


     ▼2017年3月岩手沿岸旅
    1.こんときの釜石ラーメンも美味!&釜石大観音から
    2.盛駅前の自家焙煎コーヒー店とリピート利用のお宿♪
    3.陸前高田。タピック45について初めて知ったこと。
    4.変わりゆく大槌や山田。「もりかまど」のクリーム大福が美味しい♪
    5.リニューアルしてさらに充実☆浄土ヶ浜パークホテル
    関連記事

    人気のサヴァ缶に新味登場!

    岩手缶詰で作られている「サヴァ缶」。

    フランス語の「元気?」を意味する「サヴァ?(Ca va?)」と
    サバ缶を掛けあわせたネーミング、
    おしゃれなパッケージで人気を博しているとか。


    そんなサヴァ缶に今月1日
    第2弾となる「レモンバジル味」が登場しました!



    というわけで第1弾とともに購入してみました。


    第1弾は新玉ねぎと一緒にのっけもり風に。


    ポン酢と、缶詰に入っているオリーブオイルをかけて食べましたが、
    これが美味しい!
    ぜんぜんサバの嫌な臭みがないんですよ~。


    今まで発売していることを知りながら買わなかった理由の1つに
    サバ缶に苦手意識があったことがあります。

    サバ缶、味は好きなんだけど臭いがきつく感じて…。
    食べられなくはないけど、普通のサバの切り身を買うほうが好きだったというのか。

    でもこれなら大丈夫!


    第2弾のレモンバジル風も新玉ねぎなどと一緒にサラダにしました。


    ほどよくバジルが香ってこちらも美味しいです。



    国内産、骨まで食べられて栄養も安全面も安心ですね(*^_^*)
    関連記事

    宮古市内の道の駅(区界高原・やまびこ館・みやこ)探訪

    シルバーウィークのとある日。
    我が家は宮古市内にある道の駅を巡っていました。


     ●道の駅区界高原
     岩手県宮古市区界2-434-2


     ●道の駅やまびこ館 閉伊の郷かわい
     岩手県宮古市川内8-2

    ちょうど昼時だったので道の駅やまびこ館のレストランで昼ごはんを。
    「黒豆ざるそば」(680円)にしました。


    名物の黒豆が練りこまれているのが見た目でも分かります。

    なかなか美味しい蕎麦でした(*´ω`*)


    産直には季節柄きのこが多数。
    特に松茸は市価よりかなり安いのではないでしょうか?



     ●道の駅みやこ シートピアなあど
     岩手県宮古市臨港通1-20

    道の駅みやこでは宮古港400周年のイベントがありました。
    当日は混雑が予想されるということで無料シャトルバスで道の駅へ。

    確かに国道45号から道の駅に向かう道路へ入ったら大渋滞。
    シャトルバスでも渋滞に巻き込まれました(^^;


    会場では「Sea級グルメ全国大会」という
    海の食材を使ったメニューのグルメイベントを開催中。

    声優の山寺宏一さんをはじめとする「みやぎびっきの会」のステージイベントも。
    イベントの時間外は会場内を普通に歩いていてビックリでした。


    日差しが強く、冷たいものが食べたいな~ということで
    レストランで海のソフトクリーム(250円)を。


    写真では分かりにくいですが、少し青っぽい色です。
    ほんのり塩気があるさっぱり味は
    暑いときにとくに美味しい一品でした!
    関連記事

    立派な浄土ヶ浜パークホテルで舌鼓。

    釜石からずっと北上して
    この日泊まる浄土ヶ浜パークホテルに到着。



    実はこの日どこに泊まるかはなかなか決まらなくて
    3/2にローカル番組(5きげんテレビ)で浄土ヶ浜パークホテルが紹介されているのを見て
    ここにしよう!と勢いで決めたホテルなのです。


    ホテルの駐車場に着いたら
    お出迎えの方がたくさんいてビックリ。

    普段はほとんどビジネスホテル泊ですし、
    たまにフロントから部屋まで荷物を運んで案内してくれるホテルに泊まることはありますが
    駐車場からというのは初めてだったので
    我々には場違いのような緊張感でした。


    立派なホテルで従業員数も多く、とにかく大きいという印象を受けました。

    それでも私たちが利用したのはお部屋お任せ17時以降チェックインのプランなので
    1泊2食9655円のお手頃なプランなんですよ。


    部屋は和室。衣類消臭剤ほかアメニティも揃っていてさすが!

    変わっているな~と思ったのは
    バス・トイレってだいたい部屋に入ってすぐ脇にあるホテルが多いと思うのですが
    畳の奥の縁側?のところに扉があってそこにバス・トイレがあったことですね。

    暖房は弱でつけても効きすぎてしまうことだけは難点でした。
    (大きな建物の集中管理暖房にはよくあることですが)


    夕食前に大浴場へ。
    岩手の沿岸部は温泉が少なく、ここも温泉ではありません。

    でも海が見える露天風呂もあり、
    滝観洞探検で疲れた身体をゆっくり休めました。



    そして楽しみにしていた夕食へ。私たちが利用したプランの夕食はビュッフェです。
    (※前述のローカル番組で紹介したプランはこれに90分カニ食べ放題がついたものだったのですが
     私たち夫婦はそれほどカニに興味がないのでついていないものにしました。)

    これがまた種類が豊富でした!
     
    アカモクやめかぶなどの海藻類はさすが地場産!
    お刺身もあり、鱈は会場で切っていました。


    この短角牛のビーフシチューが絶品!


    うにゴハン、いちご煮(郷土料理でうにとアワビのお吸い物)も!


    茶碗蒸しには牡蠣が入ってました~♪


    私がローカル番組で気になったのがこれ!お鍋。
    自分で好きな野菜や肉、魚を入れて好みのお鍋にできると言うもの。
    肉は鶏肉、豚肉。魚はふぐ、たら、鮭など。

    どうしても具材を選ぶのに時間がかかるので、
    このコーナーが混雑してしまう部分もありますが、楽しめました(*^_^*)

     
    デザートも豊富でした。
    ケーキやゼリーももちろんおいしかったですけど、
    田野畑ジェラートがとにかく美味しかったです!ミルクが濃厚でした~♪

    大満足!



    そして20時過ぎからホテル内で津波震災の語り部があるとのことで
    ぜひとも聴きたかったのですが
    旅の疲れから、なんと20時に就寝してしまい聴くことが出来ませんでした。
    また機会があったら次はじっくりと聴きたいです。



    朝は夜と同じ会場でのビュッフェ。
    朝もとにかくメニューが豊富でした。

     
    珍しいものとしては、汁物がまめぶ汁でしたしヨーグルトは岩泉ヨーグルトでした。
    短角牛のカレーなどもありました。

    食後にはエスプレッソも。



    ロビーからは海が見えます。天気が良ければさらに良かったんですけどね。


    また泊まりに行きたいです。

    翌日は宮古からまっすぐ帰宅しました。


    →追記(2017/3/18)
    浄土ヶ浜パークホテルはその後リニューアルし、
    空調設備などもよくなっていますので
    新しい記事「リニューアルしてさらに充実☆浄土ヶ浜パークホテル」もぜひどうぞ。



     ★2015年3月遠野沿岸旅行記★
    1.沿岸を目指す前に、冬の遠野を観光してきました。
    2.営業終了のフォルクローロ遠野に宿泊&ジンギスカン
    3.ドキドキの滝観洞探検
    4.釜石ラーメンを食べて、「鉄の歴史館」へ。
    5.立派な浄土ヶ浜パークホテルで舌鼓。
    関連記事

    豪華な夕食バイキング「休暇村 陸中宮古」

    今回の旅の宿泊先は「休暇村 陸中宮古」です。
    国道45号から少し入ったところにありますが、
    案内標識もあって迷う心配はなさそうです。

    ●休暇村 陸中宮古
      岩手県宮古市崎鍬ヶ崎18−25-3

    8畳和室1泊2食付きで、大人1人7800円でした。
    (普段は9800円のところ、2~3月は2000円引きのようです)
    設備自体は少し古めですが手入れが行き届いていて清潔でした。


    布団敷きは希望する人だけ、ドアノブに札をかける仕組み。
    私たちは自分で敷きました。


    大浴場は温泉ではないもののラヂウム人工泉で、
    不思議と体が温まります。
    日帰り入浴も受け付けているようで夕方は結構混んでましたね。

    大浴場のロッカーは、扉の裏側に小物入れがついていて親切だと思いました。
    小物(鍵、アクセサリー類など)ってロッカーに入れにくいと思っていたんです。
    細かい部分だけど嬉しい心遣いですね。

    あと嬉しいのがルームキーを人数分貸し出してくれることです。
    普段温泉や大浴場に行くと、あがってから夫と待ち合わせする必要がありますが、
    人数分の鍵があれば自分のペースでゆっくり入浴できます。
    こういうお宿って他にはなかったな~。



    夕飯はバイキング。
    地産地消レストラン星1つに認定されていて、
    地域のものをたっぷり楽しめます。


    飲み物は別料金。
    生ビール650円とお宿としては標準的かな。
    岩手の日本酒やワインもあります。


    お造りもバイキング!
    この日はマグロ、タコ、ホタテ、エビ。
    あとブリも大皿に盛られていて自由に食べられました。


    赤い器:貝の生姜和え
    大皿:鮭の中骨おろし、たけのこの味噌漬け、白作り松前、カニ
    小さなお皿:お造り+ブリの刺身
    カニもバイキングなんて嬉しいです♪


    サラダ(キャベツ、スライス玉ねぎ、海藻、ミニトマト、きゅうり、ポテトサラダなどいろいろありました)
    焼き物(焼きホタテ、焼きタコ) その場で温めてくれます
    つみれ汁
    お腹がいっぱいで食べられなかったですが、ちらし寿司なども。


    エビチリ、豚バラ大根、鶏肉の野菜の味噌炒め、魚のごぼう巻。
    他にキンメの天ぷらなども。


    とろろ蕎麦はいくら入り。


    珍しいものとしては「わかめのしゃぶしゃぶ」があります。
    「春いちばん」と言って、岩手県内ではスーパーでも売られているのですが、
    わかめの新芽をしゃぶしゃぶして、
    しょうゆやポン酢で食べるものです。



    色の濃かったわかめをお湯にいれると、さっと鮮やかな緑色に(*^_^*)
    シャキシャキ感が美味しいです。


    そしてデザートも充実。

    アイスもありました。バニラ、チョコ、ストロベリー。


    一口サイズのケーキ、わらび餅、大福。
    他にカットフルーツもありましたよ!

    お腹いっぱいです。



    朝ごはんも充実。

    お味噌汁はなめこ汁。海藻やお麩もトッピングできます。
    ヨーグルトは岩泉ヨーグルト。(ホテル売店でも販売)
    他に「ウニ椎茸」がご飯のお供に最適です、こちらも売店で販売。

    サラダのドレッシングには「岩泉ヨーグルトドレッシング」もありました。
      →こちらの記事も参考にどうぞ【今回の帰省土産は「岩泉ヨーグルト」&「岩泉ヨーグルトドレッシング」




    朝も夜も大満足の食事でぜひともまた行きたいホテルになりました♪

    「宮古に泊まろうキャンペーン」でチャックアウト時に毛蟹を人数分いただきました!
    ※このキャンペーンは3月いっぱいです。

    毛蟹は小さめのクーラーボックス入りだったので
    安心して2日目のドライブに出発です。

    ---
     ▼2014年3月岩手県沿岸部ドライブシリーズ
    1.岩手県沿岸部を訪ねて。
    2.具だくさんの磯ラーメン@魚定(普代村)
    3.津波被害から復活!道の駅みやこ&浄土ヶ浜
    4.豪華な夕食バイキング「休暇村 陸中宮古」
    5.全国ニュースでも紹介されたあんブレッド@山田湾ベーカリー(山田町)
    6.「道の駅やまだ」でノスタルジックなパンを購入
    7.本店が休みだったので支店へ@新華園NAKADUMA(釜石市)
    関連記事