ひなたぼっこ

    TAG PAGE

    ルピナス、花菖蒲、芍薬、ポピー!「手づくり村 鯉艸郷」

    義父母に教えてもらい
    前々から気になっていた
    青森県十和田市の「手づくり村 鯉艸郷」に行ってきました。

    鯉艸郷と書いて「りそうきょう」と読みます。
    入園料は大人550円です。


    まずは1番の目的だったルピナス(例年の見頃:5月下旬~6月下旬)。
    P1040793
    目の前がルピナスでいっぱい!
    色もカラフルでとても良かった♪

    IMG_0102_2
    「昇り藤」の別名もあり、縁起が良いですね。


    まだほとんどが開花前だった花菖蒲(例年の見頃:6月中旬~7月中旬)。
    IMG_0074_2
    今年は、肌寒い日が続いていて開花が遅れているみたいです。
    入園するまえに開花状況の看板があり、
    花菖蒲は開花前なので承知の上で入場するようお知らせがありました。
    (※2017/6/18訪問)


    それから芍薬(例年の見頃:6月上旬~中旬)。
    P1040788

    P1040783
    大振りな花が素敵だし、香りが良かったです♪


    ポピー(例年の見頃:6月上旬~中旬)もあります。
    IMG_0080_2


    その他、ヤマボウシがたくさん植えられていてきれいでした。
    DSC_2076

    少し珍しい?ピンク色の花も。
    IMG_0081_2



    からぶき民家では、水車で挽いたそば粉をつかったそばや
    名物のわっぱとりめしなどが食べられるそうです。
    P1040779
    からぶき民家の前の花菖蒲が咲いたら絵になるんだろうな~。


    いろいろな種類の花がいっぺんに楽しめるのでとても良かったです!

    ちなみに入園券が再入園無料券になっていて
    今年の7/17まで1回限り無料で入園できるようになっています。

    まだこれから花菖蒲の見頃や、あじさいなども楽しめるので
    時期を変えて行けば、存分に楽しめそうです。



    鯉艸郷のあとは
    十和田市馬事公苑・駒っこランドの「馬の文化資料館 称徳館」へ。
    こちらは大人入場300円。

    DSC_2078
    資料館なので写真はありませんが、
    貴重な馬具などのほか、
    日本各地、世界各国の馬型のおもちゃなども展示されていて楽しめました。

    十和田市馬事公苑自体は広い公園のような感じで
    立派な遊具があり、親子連れで賑わっていましたね。



    ちなみに昼は、再訪するとブログに書いていた
    「SOBE-PI」
    に行きました。
    関連記事

    宿泊記☆小坂鉄道レールパーク「ブルートレインあけぼの」

    今までに3度ほど遊びに行っている秋田県小坂町。
    晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編(2011年)
    小坂・鉄道まつり~鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(3)~(2012年)
    エボルタ電車もあります♪小坂鉄道レールパーク(2015年)


    小坂鉄道レールパークに
    廃止となった寝台特急あけぼのの寝台車が入り、
    昨年から宿泊できるようになったということで
    泊まりに行ってきました。


    P1040712

    あけぼのの車両は昼間は
    1番駐車場側の線路に留置してあるため
    16:30になると、駅舎前まで車両を動かします。
    その際に宿泊客はB寝台開放に乗車でき、
    客車が動く音や揺れを実際に楽しむことができます。

    P1040713

    移動が終わると宿泊手続き。
    部屋番号が書かれた硬券を渡されます。

    私たちはA寝台個室に2人で宿泊。
    他に1人定員のB寝台個室もあります。

    A個室はさすがに列車ですから、コンパクト。
    荷物を置ける場所は少なめです。

    P1040751

    そのぶんA個室を2人で使う料金はとても安いです。
    (1人目4320円+2人目1080円=合計5400円)

    肝心の寝心地は…
    やっぱり窮屈だったかな。
    荷物整理と着替えには苦労しました。
    でも現役当時の趣きをそのままに残しているので
    あけぼのに思い出がある方にはたまらない空間だと思います。



    宿泊車両は飲食禁止なので
    飲食はB寝台開放か、駅舎内にある休憩室で。

    夕飯は近隣の飲食店を利用することもできますが、
    私たちは小坂に向かう途中でスーパーに寄り、惣菜類を買い、
    B寝台開放で旅行気分を味わいながら食べました。



    だんだん日が暮れると、ブルートレインに似合う景色が広がっていました。
    P1040745
    まるで今から目的地に向けて出発するみたい!



    朝食は2日前までに予約しておけば、大館市にある花善の鶏めしを用意してもらえます。
    (弁当880円+お茶120円)

    DSC_2056

    この鶏めしの掛け紙は
    あけぼのに泊まった時のみ手に入る限定デザイン。

    鶏めしはわざわざ大館に食べに行くほど大好きな駅弁ですので
    大変美味しくいただきました。


    そして9:00になると
    前日夕方とは逆に、駅舎前から駐車場側の線路にあけぼのを移動させます。
    こちらも開放B寝台に乗車可能なので
    最後の余韻を味わいました。


    ●memo
    ・宿泊予約は公式サイトより
    ・Wi-Fi完備 ただ人が多くなると繋がりにくくなり、夜間はモバイル通信でスマホを使いました
    ・車両の水回り(お手洗い、シャワー、洗面台)は使えないので駅舎内のものを
    ・A個室はコンセントあり B個室はないので駅舎内のものを利用
    P1040733
    ・冬季はあけぼのはトンネル内にしまわれ、宿泊はお休みになります



    さて、小坂鉄道レールパークをあとにし、
    この日は「アカシア祭り」を開催しているので見に行きます。


    雨に濡れた木々と鉱山事務所の並びが素敵。
    P1040760
    今まで小坂町は晩秋や冬に行っていたので
    新緑の姿が新鮮でした。

    P1040758
    あとこの甘い香りがする白い花がアカシアなのだと初めて知りました!
    少し前くらいに家の近くでも甘い香りをさせていて、
    なんの花なのか気になっていたんですよ~。


    もう少しじっくりと楽しみたいところですが、朝から雨が強い!

    小坂観光が初めてであれば、
    屋内施設の小坂鉱山事務所などを見学して楽しめるのですが
    数年前に観光に来たばかりでしたので…。

    一昨年新たに移築・復原されたという「赤煉瓦倶楽部」だけ覗いてみました。
    中ではパンやスイーツ、お土産品を扱っていましたよ~。
    P1040756

    ★追記(207/7/10)
    「赤煉瓦倶楽部」で購入した珈琲葛餅を食べたので追記しておきます。
    DSC_2069

    DSC_2112
    まずはきな粉をかけずに珈琲の香りを楽しんで
    それからきな粉をかけます。

    きな粉をかけると、確かにコーヒーの香りは分かりにくくなるので
    この食べ方がおすすめですね。

    葛餅らしいもっちりとした食感が美味しかったです!(追記ここまで)



    早々に小坂を離脱し、十和田湖経由で青森県十和田市の方へ向けて出発しました。
    関連記事

    ゆったりした時が流れる空間~もりおか町家物語館

    ユニバース鉈屋町店の近くにある「もりおか町家物語館」へ。

    ここは旧岩手川の酒蔵跡を利用した施設。
    入場は無料です。

    私は岩手川を知らないけれど、
    昔流れていたコマーシャルの「心の酒です。岩手川」というメロディは
    とても印象に残るものだったらしく、
    話は夫から良く聞いております。

    DSC_2031
    母屋は総合案内所やカフェなどがあります。

    母屋につながっている文庫蔵は1階が資料室、
    2階には隠れ家のようになった絵本コーナーがありました。
    P1020905


    dsc_2030_34552743780_o_2

    浜藤の酒蔵はステージがありイベントなどに利用されているようです。
    この日はチャリティマーケットを開催中でした。
    DSC_2035


    浜藤の酒蔵から下屋でつながった
    大正蔵1階ではお土産品を販売しています。

    懐かしい雰囲気になっていて、
    他ではあまり見ない和ぐるみ関連の商品を多く扱っています。
    和ぐるみのソフトクリームも販売中。

    同2階には岩手川に関する展示物や、昭和のおもちゃの展示があります。

    DSC_2026

    DSC_2028


    2階から1階を眺めた様子。
    DSC_2023
    梁などは、酒蔵だった時代のものを生かしたものなのかな~。


    あまり人が多くなく、ゆったり過ごせるので良いですよ~。
    関連記事

    思わず声がもれる美しさ。ドラゴンブルーの龍泉洞。

    昨年8月の台風10号で大きな被害を受けながらも
    今年3月に再開した龍泉洞に行ってきました。

    P1040627

    龍泉洞へ行くのは、
    結婚前に岩手に遊びに来た時(2010年5月)以来。とても久しぶり。

    入場料1000円を支払い中へ。

    この日は外も洞内もほぼ同じ10度ほど。(※5月半ばの出来事です)
    P1040630

    IMG_0050


    DSC_1985
    圧倒的な透明感!
    ドラゴンブルーの美しさには
    2度目ながら思わず声をあげてしまいます。

    でもこの美しさは写真ではうまく表せませんね。
    本当に吸い込まれるような美しさなのですが。

    IMG_0061

    台風10号の被害があったときには
    龍泉洞の入口から水が吹き出していたことを考えると
    感動もひとしおです。


    ドラゴンブルーの地底湖はもちろん
    自然が作り出した鍾乳洞もおもしろいです。
    P1040648


    10時過ぎに行ったのであまり混雑しておらず
    じっくり地底湖を見たり写真を撮れて良かったです。
    帰る頃からどんどんお客さんが増えてきている感じでした。


    私が行った日は肌寒い日でしたが
    これからの季節は避暑にもおすすめです☆



    なお、ここから近い道の駅いわいずみも復活して営業中です。
    (道の駅スタンプのデザインは以前と同じ。
    置いてあるスタンプ台の色は変わっていました。)
    関連記事

    初夏の心地よい風♪南昌荘(「3月のライオン」後編ロケ地)

    「3月のライオン(後編)」を見てきました♪(前編は先月見ました)

    後編は、監督の出身地である盛岡でもロケが行われました。

    映画を見て盛り上がったのでその足で
    代表的なロケ地である「南昌荘」へ行ってきました。


    1040706
    通常の入場料は大人200円です。
    その他、フォーラムで「3月のライオン」を見た映画半券を持っていけば
    入場料+コーヒーで500円という割引もあります。
    私たちは後者のほうで。

    アイスコーヒーをお願いし、新緑まぶしい庭園を見ながらのんびりしました。

    この日は5月としては暑い日だったんですけど
    南昌荘の中は風が抜けて、涼しくて気持ちよかった♪

    1040702
    映画中で宗谷名人が座っていたあたりに座り
    将棋を指す真似をしながら記念撮影して過ごしました。
    関連記事