ひなたぼっこ

    ARCHIVE PAGE

    晩秋の温泉めぐり旅行 3日目鹿角編

    晩秋の温泉めぐり旅行 1日目十和田湖編
    晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編
    晩秋の温泉めぐり旅行 2日目湯瀬温泉編の続きです。

    姫の湯をチェックアウトして鹿角市内の観光へ。

    まずは3と8のつく日に開催される「花輪の市日」。
    専用の場所が用意されていて綺麗だし、平日なのににぎやか。



    野菜は家にたくさん買い置きがあったので
    山盛り椎茸300円だけ購入しました。




    その後、尾去沢鉱山(おさりざわこうざん)へ。
    鉱山の跡を見学させてもらえる場所です。

    入場料は1000円とややお高め。
    でも坑道の中は全部まわると1.7kmあるので結構疲れますし、時間もかかります。
    ちなみに見学できるのは1.7kmだけですが、全長は800kmもあるんだそうです!

    構内の気温は13度。上着を持っていくように書かれていました。
    が、この日の鹿角の最高気温は9度くらいだったので、外より温かったです。

    夏なら涼みがてら遊びに行くのも良いかもしれませんね。





    ちなみに平日なこともあって観光客は私たちだけでしたが・・・
    土日はどうなんだろう?
    過去は賑やかだったと思われるだけになんとなく物悲しい雰囲気でした。

       ●尾去沢鉱山
       秋田県鹿角市尾去沢字獅子沢13-5
       0186-22-0123


    歩き回って疲れたので、あとは高速でぴゅーっと帰宅しました。







    あ、そうだ。1日目の民宿に泊まった際に「抽選券」をもらったんです。
    小坂鉱山事務所の売店でくじ引きできるというもの。

    なんと、それ【町長賞】が当たっちゃいました☆
    小坂特産物2千円相当ということで、
    家に帰って開けてみたら 菜々の油とドレッシング が入っていました。



    絶対【残念賞】だと思っていたので嬉しいな♪


     ▼晩秋の温泉めぐり旅行シリーズ
    1.晩秋の温泉めぐり旅行 1日目十和田湖編
    2.晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編
    3.晩秋の温泉めぐり旅行 2日目湯瀬温泉編
    4.晩秋の温泉めぐり旅行 3日目鹿角編
    関連記事

    晩秋の温泉めぐり旅行 2日目湯瀬温泉編

    晩秋の温泉めぐり旅行 1日目十和田湖編
    晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編の続きです。

    さて、小坂町の観光が終わり
    目指すは本来の目的地、湯瀬温泉!


    というのもそもそもこの旅行の発端は
    駅で見つけた1枚のチラシでした。

    「がんばろう!東北 元気です鹿角」というキャンペーンがあり
    1泊2食付4980円という格安な料金で
    鹿角市内の温泉旅館に泊まれるとのことだったのです。


    私たちが選んだのはその中でも湯瀬温泉。
    岩手との県境に程近い山の中にあり、
    日本3大美人の湯に数えられる温泉です。

    お世話になったのは「和心の宿 姫の湯」です。


    案内してもらった部屋は12畳!

    (部屋、散らかしていてすみません・・・・)


    旅館にお茶とともに置いてあるお菓子は旅館オリジナルの甘納豆でした。
    美味しかった~。(売店で売っています)


    まずは温泉。
    内湯と露天が1つずつありました。
    脱衣所も温泉も広くゆっくりできます。

    滑らかな湯で確かにお肌に効果がありそうでした。

    強いて言えば泊まっている部屋から温泉まで結構歩かなければいけないので
    お年寄りの方だとちょっと辛いかも。


    そして夕飯。宴会場での食事です。
    安いプランだからと期待していなかったのに美味しそう!



    右のお釜はマツタケご飯。


    左のお鍋はきりたんぽ
    鹿角市は秋田県の中でもきりたんぽ発祥の地なんだそうです。
    良いだしで美味しかった~。


    最後に稲庭うどんも出てきましたが、だいぶおなかいっぱいでした(^^;

    ちなみにお漬物は秋田名物いぶりがっこでした。秋田満喫!


    旅館ですので飲み物代は高めです。(ビール中瓶で650円ほど)



    そして朝。

    ホールでのバイキングです。
    夕飯に続き、予想を良い意味で裏切る十分な品数です。



    どれもこれも美味しかったのですが
    旅館オリジナルのわさび椎茸が
    わさびのツンとした味の中にもうまみがあって良かったです。





     ▼晩秋の温泉めぐり旅行シリーズ
    1.晩秋の温泉めぐり旅行 1日目十和田湖編
    2.晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編
    3.晩秋の温泉めぐり旅行 2日目湯瀬温泉編
    4.晩秋の温泉めぐり旅行 3日目鹿角編
    関連記事

    晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編

    晩秋の温泉めぐり旅行 1日目十和田湖編の続きです。

    朝から雨降りだったので
    車の中から奥入瀬(おいらせ)渓流を見学。

    車から見ても分かるくらい水が青い場所があって
    天気の良い日に散歩したら気持ちよさそうだな~と思いました。



    そうそう、休憩所で買った奥入瀬珈琲。あっさりしたコーヒーでした。


    そして小坂町まで移動します。


    まずは小坂鉄道小坂駅を見学。すでに廃駅になっています。


    この小坂町はかつて鉱山で栄えた町で
    この鉄道もそれらの貨物を運ぶために敷かれた路線なんですね~。


    これから紹介する観光スポットも
    過去に鉱山で栄えたからこそできた場所ばかりです。


    まずは康楽館
    日本最古の芝居小屋で、鉱山の町の娯楽スポットとして作られたものです。



    すごいのは今でもここでお芝居などをやっていること。

    なんとお酒を飲んだり、弁当を食べたりしながら
    お芝居を見られるそうなんです!
    今の時代、映画館のポップコーンすらなんとなく食べにくいものですが
    お弁当を食べながら見るお芝居、ものすごく楽しそう。

    舞台装置も見せてもらいましたが、そちらも面白かったです!

      ●康楽館
      秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2
      0186-29-3732  


    次に鉱山事務所



    もともと違う場所にあった事務所を移築したものなようです。
    螺旋階段や2階にある中庭など、まさに豪華絢爛。

    鉱山が栄えていた時代の社宅は
    電気も水も無料だったというから驚きです。
    (それも東京に並ぶ時代の早さで電気が通ったそうです)

    ちなみに+700円でドレスを着て自由に写真撮影できるんですが、
    今回は寒いのでやめておきました。

       ●鉱山事務所
       秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48-2
       0186-29-5522


    そして最後に総合博物館 郷土館
    こちらには先の廃止になった鉄道の車両や
    小坂駅を再現した建物などが建っていました。



       ●総合博物館 郷土館
       秋田県鹿角郡小坂町小坂字中前田48-1
       0186-29-4726


    これら3つの施設(康楽館、鉱山事務所、郷土館)は
    3館共通券が900円で購入でき、少しお得になりますよ。


    小坂町、岩手に越してくるまで知らなかった町なのですが
    行ってみたら本当に見所だらけで
    もう1度行ってみたいと思える場所ばかりでした。

    冬はともかく春~秋なら
    東北自動車道小坂インターチェンジから近く観光しやすいと思いますよ♪


     ▼晩秋の温泉めぐり旅行シリーズ
    1.晩秋の温泉めぐり旅行 1日目十和田湖編
    2.晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編
    3.晩秋の温泉めぐり旅行 2日目湯瀬温泉編
    4.晩秋の温泉めぐり旅行 3日目鹿角編
    関連記事

    晩秋の温泉めぐり旅行 1日目十和田湖編

    この日は都合により午後から旅に出発。
    岩手山サービスエリアで簡単な昼食を済ませ
    小坂ICまで高速で移動。

    そこからは樹海ラインをひた走ります。

    途中からなかなかの山道で圧雪がひどく、
    私なら怖くて運転できないところでした(^^;


    この日、泊まる「湖畔の宿 民宿和み」に到着。
    全室が十和田湖のレイクビューです。


    荷物などを部屋に置き、十和田湖散策へ。

    が、寒い!とにかく寒い。

    マスクをして、コートのフードをかぶって
    でも寒い。
    さくさくっと乙女の像だけ撮影してきました。





    冷え切った体は民宿の温泉であたためました。
    3人も入ったら窮屈になりそうな小さな湯ですけど体の芯から温まります。


    そして楽しみにしていた夕食。

    希望の時間に合わせて焼き魚を焼いてくれる心遣い。
    十和田湖のヒメマスです。


    ぜんぜん癖がなくて美味しかった。



    それにヒメマスの刺身ほか、手作りのおかずの数々。
    大満足でした。



    朝食も、希望の時間に合わせて焼き魚を焼いてくれるという心遣いで
    朝から温かい気持ちになりました。

    また泊まりに行きたいと思える民宿です。




     ▼晩秋の温泉めぐり旅行シリーズ
    1.晩秋の温泉めぐり旅行 1日目十和田湖編
    2.晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編
    3.晩秋の温泉めぐり旅行 2日目湯瀬温泉編
    4.晩秋の温泉めぐり旅行 3日目鹿角編
    関連記事

    福井名物「羽二重餅」

    先日、福井のおみやげをいただきました。
    羽二重餅の古里の「羽二重風呂敷」です。
    今回初めて食べたのですが、ふわっふわの餅のやわらかさにびっくりしました。

    中に入っている大納言がよいアクセントになっています。






    これは福井県に旅行する機会があったら
    自分用のお土産に購入すると思います!
    関連記事