ひなたぼっこ

    ARCHIVE PAGE

    大間で食べたい大間のマグロ -下北半島旅行記(4)-

    さて2日目は宿泊地の下風呂温泉から
    大間崎を目指します。

    本州最北端の地です!

    天気が良ければ北海道も見えるらしいのですが、
    残念ながら雲がかかっていて見えませんでした。

    ちなみに岬だけあって風が強かった!


    大間マグロの像もあります。
    奥に見えるのが弁天島と白黒模様が印象的な大間埼灯台です。



    大間崎レストハウスで「本州最北端 大間崎到達証明書」(200円)を購入。

    これで本州最東端の証明書に続き、東、北と集まりました。
    (本州最東端訪問証明書は、岩手県・宮古駅前の観光案内所等で買えます。
     その最東端とどヶ崎は山道を歩かなければならないそうで行ったことないのですが…)


    お昼ごはんは夫が見つけたこのポスターに従い、
    大間港旧冷蔵庫特設会場(キュウレイ)に行ってみました。



    ここは9~10月の日曜日にマグロ解体ショーとそのマグロの販売をしているのだそうです。

    マグロ解体ショーは残念ながら時間が合わなかったのですが、
    2300円の定食を食べました(*^_^*)



    ぴっかぴかのマグロ♪

    大間マグロはそのほとんどが築地市場などの都市部に行ってしまうという話も聞きますが、
    せっかくならその土地で食べたかったので満足です。

    あとマグロと関係ないのですが、お米がとても美味しかったです。
    泊まっていた宿もそうだったのですが、
    粒の立ったご飯に甘みがあって、刺身と食べるのにベスト!

    夫婦共に柔らかいご飯は好きじゃないので、この点も良かったなぁ♪


    ★秋の下北半島旅行記
    1.紅葉真っ盛りの恐山
    2.なかなかいない?尻屋崎の寒立馬
    3.漁火が見える下風呂温泉
    4.大間で食べたい大間のマグロ
    5.風光明媚な国道338号をいく
    6.信じる?信じない?新郷村のキリスト伝説
    関連記事

    漁火が見える下風呂温泉 -下北半島旅行記(3)-

    さて尻屋崎からこの日の宿泊地である下風呂温泉まで移動します。

    今回お世話になったのは「さが旅館」。
    1人10800円+入湯税のプランで予約しました。


    ノスタルジックな温泉宿といった雰囲気ですが
    お部屋にトイレ付きなところが良かったです。

    テレビは青森のテレビ局のほか、北海道のテレビ局が映りました。
    やっぱり北海道が近いだけのことありますね!


    温泉は広いわけではないのですが、
    すごくいい湯です!
    硫黄の香りがして、体が芯から温まる湯。

    岩手では硫黄の温泉は山の中がほとんどなので
    海のすぐ近くというのがなんとも不思議な感じでした。



    写真では分かりにくいですけど、部屋の窓から漁火も見えます。


    さて、楽しみにしていた食事♪
    評判通りお腹が苦しくなるほどの海のごちそうです。

    写真の他に、ごはん、お吸い物、りんごがあったほか、
    生ビールグラス1杯をサービスしていただきました(*^_^*)



    煮魚も美味しいし、イクラもたっぷり!
    茶碗蒸しは栗の甘露煮が入った甘いものでした。

     
    アワビはよい歯ごたえ♪



    さらに朝食もすごいです。



     
    青森の郷土料理、みそ貝焼きに、
    朝とれたばかりというまだ半透明のイカ刺し。
    しょうが、わさび、大根おろしの好きな薬味でどうぞとのことでしたが、
    全部食べ比べました。
    それぞれ美味しいけど、しょうががナンバー1かな!


    宿のかたたちも親切で、また泊まりに行きたいと思いました。
    今回とは違う季節にいって違う海の幸を味わうのもいいな~。
    (雪道のなか行くのは大変ですが)冬はあんこうも名物のようです。


     ●さが旅館
     青森県下北郡風間浦村下風呂字下風呂24


    さて出発前に宿のすぐそばにあるメモリアルロードを見に行きました。

    ここに大間鉄道という鉄道を通す計画があったそうで(いわゆる未成線)、
    その記念としてアーチ橋が残されています。


    ここに鉄道が走っていたら、なんとなく三陸鉄道などに似ているような(*^_^*)


    下風呂駅には足湯もあります。
    ただ私が行った時期にはもう湯の温度が低いということで終了していました。
    概ね4月下旬から10月下旬まで入れるそうです。


    さてそれでは2日目の旅に出発です!


    ★秋の下北半島旅行記
    1.紅葉真っ盛りの恐山
    2.なかなかいない?尻屋崎の寒立馬
    3.漁火が見える下風呂温泉
    4.大間で食べたい大間のマグロ
    5.風光明媚な国道338号をいく
    6.信じる?信じない?新郷村のキリスト伝説
    関連記事

    なかなかいない?尻屋崎の寒立馬 -下北半島旅行記(2)-

    恐山参拝後は下北半島の北東にある尻屋崎へ。


    さてその前に昼食。
    なかなか食事できる場所を見つけられなかったのですが
    尻屋崎を目指す青森県道6号で、新しく出来たバイパスを使わずに
    岩屋地区の町中を通ると3軒ほど飲食店がありました。

    私はのぼりで気になった「とろ牛カレー」(800円)を。

    この地区のブランド牛「東通牛」を柔らかく煮込んだカレーだそうです。
    辛口のカレーでした。

     ●御食事処やまだい
     青森県下北郡東通村岩屋字往来149-2

    ちなみにこちらのお店はかなりメニューが豊富。
    定食系、ラーメン、季節ごとの海鮮丼(ウニ、イカ、イクラ、タコ)など。
    私が行った日はイカ刺し丼があって気になったのですが、
    夕食もお刺身が出るかな?と思ってカレーにしました。




    さて目的の尻屋崎へ。
    ここは寒立馬という馬が放牧されています。

    道路上にはゲートがありこの中に入ります。


    景色はとても綺麗!



    なのですが…なかなか寒立馬がいない!!

    やっと見つけたのがこの2頭でした。


    この写真じゃぜんぜん分からないですけど、
    かなり足が太くがっしりとした馬です。


    寒立馬はこの広い敷地に30頭ほどらしいので、
    2頭見かけられただけでも奇跡だったのかも??

    売店の店員さんに聞いたら、
    暑い時は海風に当たるために灯台の近くにいるそうで、
    この日も午前中は灯台のところにいたとのことでした。


    こちらがその灯台です。

    東通村を紹介するパンフレットなどでは
    この灯台の前に寒立馬がたくさんいる様子が写されていますね。


    ゲートは冬季(12月~3月)は封鎖されますが、
    越冬放牧地で雪の中佇む寒立馬をみることができるそうです。


    ★秋の下北半島旅行記
    1.紅葉真っ盛りの恐山
    2.なかなかいない?尻屋崎の寒立馬
    3.漁火が見える下風呂温泉
    4.大間で食べたい大間のマグロ
    5.風光明媚な国道338号をいく
    6.信じる?信じない?新郷村のキリスト伝説
    関連記事

    紅葉真っ盛りの恐山 -下北半島旅行記(1)-

    6月に津軽半島を旅行したときに
    次は下北半島を見て回りたいな~と思ったので
    冬になる前に行ってきました!

    高速で下田百石ICまで行って、そこから北上していきます。


    途中、道の駅よこはまに立ち寄りました。
    お土産が充実していて、店内も綺麗ななかなか良い道の駅♪

    恐山参拝用のぞうりや風車も置かれていました。

     ●道の駅よこはま 菜の花プラザ
      青森県上北郡横浜町字林ノ脇79-12



    さて、さらに北上し、
    下北半島に行くならぜひ行ってみたかった恐山菩提寺に到着。
    家からだいたい4時間半くらいかな~。隣の県だけどなかなか遠いです。

    大人500円の入山料を支払って中へ。

    恐山の周辺はちょうど紅葉が見頃!
    建物の後ろに燃えるように赤くなった木々が美しかったです!



    風車は有名ですね。



    硫黄の香り漂う○○地獄がたくさんあります。



    その地獄を抜けると…そこは極楽浄土のような宇曽利山湖!



    湖の後ろに佇む山、綺麗な紅葉、
    白い砂浜、青く輝く湖面。
    すべてが美しくて心が洗われるようでした。


    ちなみに境内には日差しを避けるような場所が少なく
    歩いていると結構暑くなりました。
    夏場だとかなり暑そうです。


    そんなほてった身体を癒やしてくれるのが入り口で売っている霊場アイス。

    ブルーベリー、よもぎ、バナナ味。(ミックスで300円)
    けっこうよもぎの味が強く身体に良さそうです。
    そして色合いもご利益がありそうな感じ。

    かなりさっぱりしたシャーベットなので喉の渇きを癒やしてくれます。



    紅葉はちょうど見頃で、風も雲もなく穏やかな気候。
    恐山秋詣りが終わったあとだからあまり観光客も多くなく、じっくり見て回れて
    ベストシーズンに行ったな~と思います。

    ただ、カメムシが本当に多かったです。
    私がイメージしているカメムシは比較的動きが鈍く
    壁などにくっついている印象だったのですが、
    ここのカメムシはとにかく元気!(^^;
    大きな羽音をたてて近づいてきて服にくっつくので厄介でした…(T_T)


    ★秋の下北半島旅行記
    1.紅葉真っ盛りの恐山
    2.なかなかいない?尻屋崎の寒立馬
    3.漁火が見える下風呂温泉
    4.大間で食べたい大間のマグロ
    5.風光明媚な国道338号をいく
    6.信じる?信じない?新郷村のキリスト伝説
    関連記事

    ヤマダフーズの「納豆汁の素」を買ってみました♪

    おはよう納豆で有名なヤマダフーズの「納豆汁の素」を買ってきました。
    スーパーオセンで税抜125円なり。


    すりつぶした納豆と生味噌がパッケージされているもので
    好みの具材で4杯分の納豆汁が作れます。

    なめこ、豆腐、長ねぎの具材で作ってみましたが美味しかったです!
    他にも里いもや山菜などを入れても良いみたい。


    ちなみによく行くスーパーの納豆売り場にも陳列されていました。
    あまり目立たなかったのでいままで気が付かなかった~。

    美味しかったのでまた買おうと思います。


    でもひきわり納豆とかでも簡単に作れるのかな??
    関連記事