十和田湖冬物語~かまくらで日本酒♪冬花火♪~

    2015.02.26 (木)

    十和田市現代美術館十和田バラ焼きと巡り
    1番の目的であった十和田湖冬物語の会場に到着しました。

    十和田湖冬物語は毎年冬に十和田湖の近くで開催されているイベントです。


    今回は十和田湖に宿をとってあったのですが
    まだチェックイン時間前だったので下見も兼ねて冬物語の会場へ。


    馬に乗ったり、足湯につかったりできます。


    「ゆきあかり横丁」という飲食店が並んだエリアも。
    平日は15時から、土日は11時から営業していて
    横手やきそば・きりたんぽ鍋・十和田バラ焼きといった秋田・青森のご当地グルメも揃います。


    下見を終えたところで本日の宿へチェックイン。夜までゆっくり過ごします。(宿のことは別記事で)

    さて、十和田冬物語は夜が本番です!
    ライトアップされた雪像に迎えられます。


    例年だとマイナス10℃以下の日もあるようですが
    今年は暖冬傾向なのか、体感だとマイナス2~3℃かな?
    たぶんマイナス5℃はいっていないと思います。
    薄着で立っていたらもちろん寒いですが、ごく普通に防寒対策すれば大丈夫なレベルなので良かったです!


    夜は大きなかまくらの中でバーが営業されています。

    ここではビール・カクテル・ソフトドリンクを氷のグラスで味わえます。

    氷のグラスには興味があったのですが、ビール飲むにはちょっと寒いので
    私たちはバーの隣の「酒かま蔵」へ。

    こちらでは秋田・青森の日本酒が楽しめます。
    中はちゃんとカウンターもあって、椅子などもあるんですよ~。


    田酒を頼みました。枡の香りも良く、美味しかった~。



    外のメインステージでは津軽三味線の演奏も。


    ねぶたのハネトも来ていました。
    青森ねぶた祭はハネトとして一般人も参加できるので、
    そのはね方の講習も(*^_^*)

    体を動かすと温まるのでちょうど良かった~。


    そして20時からは冬の花火!

    冬は空気が澄んでいるから綺麗~!
    10分間ですが、打ち上げ場所からの距離も近いので大迫力で楽しめました♪



    とっても楽しかったです!
    今年は3/1まで毎日開催されていますし、
    来年以降も同じ時期に開催されると思います。


    ただ…難点としてはかなりお手洗いが少ないことと渋滞。
    お手洗いは公衆トイレのみなので大行列でした。
    あと周辺に泊まらない場合は駐車場の出し入れを含めてかなり渋滞しています。


    次は泊まった宿の話


     ▼2015年2月十和田満喫旅行記シリーズ
    憧れの十和田市現代美術館は本当に魅力的でした!
    B-1ゴールドグランプリ受賞の「十和田バラ焼き」を本場で!
    十和田湖冬物語~かまくらで日本酒♪冬花火♪~
    十和田湖畔のおもてなしが温かい「民宿 和み」
    エボルタ電車もあります♪小坂鉄道レールパーク
    駅弁が美味しい花善でほかほかの「鶏めし御膳」♪

    関連記事
    青函トンネル記念館。もぐら号で地下に潜ってきました。(2015/07/04)
    朝ラー後のドライブ♪奥津軽いまべつ駅へ(2015/07/02)
    青森駅近くで新鮮な海鮮類をいただきます!(2015/07/01)
    ●十和田湖冬物語~かまくらで日本酒♪冬花火♪~(2015/02/26)
    B-1ゴールドグランプリ受賞の「十和田バラ焼き」を本場で!(2015/02/24)
    憧れの十和田市現代美術館は本当に魅力的でした!(2015/02/23)
    帰りは蕪嶋神社に立ち寄りました。(2014/08/12)

    テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

    タグ: 青森  秋田  観光スポット  イベント  日本酒   

    青森の観光  |  Comment(0)  |  TrackBack(0)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する

    URL
    COMMENT
    PASS  編集・削除するのに必要
    SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
     

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://hinata22.blog37.fc2.com/tb.php/1133-7a0b3b36
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲PageTop

     | HOME |