ひなたぼっこ

    ARTICLE PAGE

    大間で食べたい大間のマグロ -下北半島旅行記(4)-

    さて2日目は宿泊地の下風呂温泉から
    大間崎を目指します。

    本州最北端の地です!

    天気が良ければ北海道も見えるらしいのですが、
    残念ながら雲がかかっていて見えませんでした。

    ちなみに岬だけあって風が強かった!


    大間マグロの像もあります。
    奥に見えるのが弁天島と白黒模様が印象的な大間埼灯台です。



    大間崎レストハウスで「本州最北端 大間崎到達証明書」(200円)を購入。

    これで本州最東端の証明書に続き、東、北と集まりました。
    (本州最東端訪問証明書は、岩手県・宮古駅前の観光案内所等で買えます。
     その最東端とどヶ崎は山道を歩かなければならないそうで行ったことないのですが…)


    お昼ごはんは夫が見つけたこのポスターに従い、
    大間港旧冷蔵庫特設会場(キュウレイ)に行ってみました。



    ここは9~10月の日曜日にマグロ解体ショーとそのマグロの販売をしているのだそうです。

    マグロ解体ショーは残念ながら時間が合わなかったのですが、
    2300円の定食を食べました(*^_^*)



    ぴっかぴかのマグロ♪

    大間マグロはそのほとんどが築地市場などの都市部に行ってしまうという話も聞きますが、
    せっかくならその土地で食べたかったので満足です。

    あとマグロと関係ないのですが、お米がとても美味しかったです。
    泊まっていた宿もそうだったのですが、
    粒の立ったご飯に甘みがあって、刺身と食べるのにベスト!

    夫婦共に柔らかいご飯は好きじゃないので、この点も良かったなぁ♪


    ★秋の下北半島旅行記
    1.紅葉真っ盛りの恐山
    2.なかなかいない?尻屋崎の寒立馬
    3.漁火が見える下風呂温泉
    4.大間で食べたい大間のマグロ
    5.風光明媚な国道338号をいく
    6.信じる?信じない?新郷村のキリスト伝説
    関連記事

    0 Comments

    Leave a comment