ひなたぼっこ

    ARTICLE PAGE

    砂けむりあがる白熱の闘牛!@全国闘牛サミットin久慈大会

    久慈市・平庭高原闘牛場で開催された
    「第19回全国闘牛サミットin久慈大会 記念闘牛大会」へ
    行ってきました。

    予定より1時間寝坊するというアクシデントはありましたが、
    8時ごろに到着。

    牛たちのウォーミングアップも見られました。

    この時は空席がたくさんありますが、この席、全部埋まります。


    10時からオープニングセレモニー。
    南部牛追唄や民謡の披露。
    ご来賓の祝辞。
    最後にはもちまきも。


    11時から闘牛が始まります。
    相撲と同じく下のランクから始まりますので
    はじめは若い牛たちの取組。
    まだ遊びの延長のような感じでしょうか。



    取組中は解説があるので、私のような素人でも楽しむことができます。

    ちなみに平庭高原での闘牛は勝敗をつけずに引き分けになります。


    3試合ごとに今回のサミットに参加している市町のPRタイム。



    どんどん強い牛が出てきて迫力が増していきます。
    白熱して、柵のすぐ近くまで行くことも。



    こちらは今回の注目!
    珍しい白い闘牛です。

    今回がデビュー戦。
    今後の活躍が期待されますね!




    ときに角同士がぶつかる音がしたり、
    砂けむりが上がったりする闘牛は本当に迫力満点でした!


    千秋楽の様子はYouTubeにアップしてみました。


    終了したのは13時半ごろという長丁場ですが、
    ぜんぜん飽きなかったですよ~。


    東北では唯一となる闘牛。
    また機会を見つけて観戦しに行きたいです。

    それに、地域によって闘牛も特色が違うようなので
    (勢子の人数、鼻綱の有無、勝敗をつけるか等)
    他地域も見てみたくなりました!
    関連記事

    0 Comments

    Leave a comment