ひなたぼっこ

    ARTICLE PAGE

    西和賀の「幻の漬物」買ってきました♪

    前記事で詳しく書くとした
    「大根の一本漬」についてです。

    DSC_1628

    大根の一本漬は
    西和賀の名物で、冬にはローカル番組などで取り上げられ気になる存在でした。


    大根の一本漬のオーナーになり
    出資すれば完成品を送ってもらえる制度もあり
    こちらもローカルニュースで取り上げられるので気になっていたのです。

    ただオーナーになるのは最低5本以上からということで
    2人家族で5本というのはちょっと多いかな?と思い
    なかなか踏み切れずにいました。


    そうしたら前記事でも書いたローカル番組『夢見るピノキオ』で、
    湯夢プラザで1本単位で販売していることが分かり
    寒ざらしそばも食べたいし、西和賀に行ってみよう!ということになったわけなんです。


    ちなみに大根の一本漬は、3%以下の塩分で漬けるので
    西和賀のような雪深く寒い地域でないと
    (傷んでしまい)作れないのだそう。

    また、樽から出すと味が変わってしまうため
    今まであまり流通せず「幻の漬物」と言われているそうです。


    塩分以外は、大根や漬け樽に自然についている乳酸菌と
    大根の糖分のみで発酵していて
    とてもさっぱり味。
    サラダ感覚で食べられます。

    DSC_1642

    私が買ったのは西和賀産業公社のものですが
    湯夢プラザではもう1種類販売していて、
    試食できるようになっているので好みの方を買えますよ♪
    (各家庭で味が違うそうですが、この2種類でもけっこう味が違いました)
    関連記事

    0 Comments

    Leave a comment