嫁入り旅行~上越線・羽越本線・田沢湖線経由で~

    2011.03.30 (水)

    私が嫁入りしたとき
    東日本大震災の影響により東北新幹線が不通でした。

    そのため日本海側の羽越本線を使い、岩手に向かいました。

    心情的にとても楽しめる感じではなく
    「鉄道旅」と胸を張って言うことはできないのですが、
    これもひとつの記憶として旅行記に残しておきます。


    -----

    まずは上越新幹線で新潟へ。



    近い将来、引退が決定している2階建て新幹線のE1系でした。
    このE1の特色ともいえる
    2階自由席の3列-3列シートに座って“すわり心地の悪さ”を堪能しました。



    新潟からは特急いなほを使う手もあったのですが
    あえて普通列車を使います。



    乗換駅でたびたび1時間半ほど待ち時間がある上に
    このときすさまじいホームシック&マリッジブルーに襲われていたので
    駅のベンチでぽつんと座っているような状態でした。

    気持ちを少しでも盛り上げるためというわけでもないのですが
    ちょうど夕飯時に酒田駅にいたので
    酒田のラーメンを食べることに。

    駅の東側にある「三日月軒」です。

    昔からある中華そばという感じで美味。

    三日月軒 駅東支店



    関連ランキング:ラーメン | 酒田駅



    宿泊先の秋田に向かう列車の中では夕暮れの日本海がきれいでした。




    宿泊はドーミーイン秋田です。

    精神的には辛いときの宿泊でしたが、
    設備も綺麗で、店員さんの対応が心地よいのはもちろんのこと
    部屋がビジネスホテルとは思えないほど広く
    かなりゆっくりとできました。

    また最上階には露天風呂付きの温泉があったので旅の疲れを癒せたも良かったです。


    少し余震があったりもしたものも無事に朝を迎えます。

    朝食の時間。

    これがまた感動です。
    きりたんぽなど秋田の名物を含めた豪勢なメニューが
    バイキング方式で好きなだけ食べられます。

    これでシングル1泊3990円とは感激です。(キャンペーン料金です)





    引き続き、岩手を目指します。

    途中、角館で3時間ほど時間を作れるので
    レンタサイクルを借りて武家屋敷を外から眺めてみようと思ったのですが、
    冬ですし平日ですし、あの地震のあとですから
    観光客なんて誰もおらず、レンタサイクルも休みでした。




    駅近場を少しだけ歩き回って
    買ってあった花善の「鶏めし」を駅の待合室で。

    この駅弁は2度目ですが本当においしいです♪
    冷めても香りの良いごはんが特に好きです。
    大館駅の駅弁ですが、秋田駅でも買えます。




    外は雨も降っているし、これ以上時間をつぶすのは難しいと判断して
    結局は普通列車をあきらめて、新幹線に乗車。

    あっという間に盛岡に到着しました。
    ちなみにこの日は在来線ホームへの到着で、
    新幹線コンコースは明かりも消え「がらん」としていました。

    関連記事
    晩秋の温泉めぐり旅行 3日目鹿角編(2011/11/28)
    晩秋の温泉めぐり旅行 2日目湯瀬温泉編(2011/11/27)
    晩秋の温泉めぐり旅行 2日目小坂編(2011/11/27)
    晩秋の温泉めぐり旅行 1日目十和田湖編(2011/11/26)
    18きっぷで北東北の夏めぐり(2)(2011/08/07)
    18きっぷで北東北の夏めぐり(1)(2011/08/06)
    ●嫁入り旅行~上越線・羽越本線・田沢湖線経由で~(2011/03/30)

    テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

    タグ: 鉄道旅  ホテル  駅弁  県外ラーメン  山形  秋田 

    秋田の観光  |  Comment(0)  |  TrackBack(0)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する

    URL
    COMMENT
    PASS  編集・削除するのに必要
    SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
     

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://hinata22.blog37.fc2.com/tb.php/274-3483707e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲PageTop

     | HOME |