ひなたぼっこ

    ARTICLE PAGE

    復興を願い被災地へ~3.11

    あの東北地方太平洋沖地震から1年。

    3.11をどう過ごすかいろいろと考えた結果
    敢えて被災地に行こうと考えました。

    手を合わせ、
    その地域のものを買って
    そしてその地域でなにか食べることで
    少しでも経済のお役に立てればいいと思いました。


    盛岡から快速はまゆり1号に乗り込みます。

    (仙ココのキハ110が連結されていたけど快速南三陸の車両?)

    新幹線との接続駅「新花巻駅」で、多数のお客さんが乗ってきて
    いつもと雰囲気が違いました。
    釜石線は内陸を走る列車なので車窓は今までどおりです。

    そして釜石駅に到着。
    この駅も浸水したとのことでしたがもうその様子は分かりません。


    駅から東側の商店街のほうに歩いて行くと
    浸水したあとがみられるようになりました。

    既に立て直してピカピカのお宅、お店。
    更地。
    今まさに解体している場所。
    覆いだけしてある建物。
    ほんとうにいろいろな状態の建物が並んでいました。

    ある方向を見れば、震災などなかったかのよう。
    でもある方向を見ればまだまだ復興半ば。

    そんな感じです。


    ひとまず、「釜石ラーメン」の代表的なお店として知られる「新華園本店」へ。
    こちらのお店も1階が浸水したそうですが
    綺麗に直されていました。


    (ラーメン500円)

    私は細麺はあまり好んで食べません。
    でもこれはなんだろう、もちっとしていて美味しかったです!
    他で味わったことのない味。

    またいつか食べに来たいです。




    関連ランキング:ラーメン | 釜石駅



    その後、サンフィッシュ釜石やシープラザ釜石という
    駅前の施設をふらふら。





    シープラザ釜石には3/9に1年間限定のユニクロがオープンしました。
    下着類、Tシャツ、パーカーなどすぐ必要になりそうなものが
    コンパクトな店舗ながらも揃えられていました。



    その後、「はまゆり飲食店街」という仮設の店舗が集まった場所へ。
    主に飲み屋が集まっています。





    そして駅前の「復興の鐘」へ。
    復興イベントのためにキャンドルが用意されていました。









    夜にはライトアップされたそうです。



    ただ残念ながら、14:20ごろの列車で帰宅しました。
    本当は震災発生時刻までいて、黙祷したかったのですが
    県内とはいえ遠い場所なのでそれも難しく・・・。

    帰路のはまゆり6号で14:46を迎え、
    静かに手を合わせました。



    自分にできることは本当に微力だな、と痛感します。

    けれど、
    亡くなった方の冥福を祈り、
    この気持ちを忘れず、

    そして遺族の方の心の癒しが少しでもあることを願い、

    1日も早い復興の日がくるよう
    私もできることを続けていきたいです。



    ●追記
    1年後2013年の釜石の様子はこちら→3.11~今年も沿岸・釜石に行ってきました。
    関連記事

    0 Comments

    Leave a comment