ひなたぼっこ

    ARTICLE PAGE

    バースディきっぷで四国一周(4)

    朝ごはんはスーパーで購入した「ばら寿司」。
    どうやら金時豆をのせるのが特徴のようです。
    ばら寿司
    豆の中では金時豆が一番好きな私としては素敵な組み合わせです。
    今回は食べられなかったけどお好み焼きに金時豆をいれるという「豆玉」を
    いつか食べてみたいですね~。


    今日は乗り鉄スタートが遅いので
    ボードウォークをゆっくりと歩きながら徳島駅に向かいます。
    新町川沿いに木製の遊歩道が整備されていて素敵な雰囲気。
    新町ボードウォーク

    鴨(ですよね?)も人を恐れずにくつろいでます。
    かも


    むろと1号に乗り込んで牟岐線を乗りつぶしに行きます。

    キハ185系【むろと】
    今まで乗った特急とは違い古めの車両。

    でも前面展望もきいて、乗り心地も悪くなかったです。
    ただ線路が草に覆われているのは気になりましたが・・・。
    むろと1号からの車窓

    牟岐駅から先は普通列車のみなので乗り換え。
    普通列車は新しい1500形。快適な転換クロスシートです♪
    キハ1500形

    車窓に海が見える区間はそんなに多くはないのですが
    こんな素敵な光景も!
    牟岐線からの車窓

    牟岐線の終点、海部駅。
    海部駅名標
    ここから先は阿佐海岸鉄道も出ていますが今回は乗車せず
    すぐの普通列車で折り返します。

    あ、一つだけ海部駅の名物(?)。
    町内トンネル
    昔は普通のトンネルだったけれど、山は切り崩し
    構造物だけが残った状態だという町内トンネルです。


    そのまま折り返します。途中立ち寄ったのは日和佐駅。

    ここの駅は、道の駅と鉄道駅が一緒になっています。
    道の駅日和佐

    道の駅に無料の足湯があるので、疲れた足をゆっくりと休め、昼ごはんを購入します。
    足湯

    あじ寿司
    ゆず酢で作ったあじ寿司です。(魚の種類は他にもありました。)
    ご飯の量でいえば、結構多いのでしょうが、
    ゆずのさわやかな香りでつい食が進みます。

    ひわさプリン
    あと、とろけるひわさプリンも衝動的に買ったのですが
    これがおいしかったー!
    和三盆を使っているためか、甘さも嫌な感じがしなかったです。


    徳島駅に戻りまして、JR四国の路線としては最後になります
    徳島線に乗車します。

    ゆうゆうアンパンマンカー【剣山】
    車両は、さきほど同様古い車両ですが
    土日祝はゆうゆうアンパンマン号(子供向けプレイルームあり)を連結していて
    家族連れもちらほらと。

    徳島線車窓

    阿波池田駅舎
    そんなこんなで終点、阿波池田に到着。
    大歩危小歩危のほうには残念ながら遊びにいく時間がないため
    食べたいと思っていた「祖谷そば」をおみやげに購入。

    P1020382_20120407141513.jpg

    あとは高松駅に戻るだけです。



    高松では、締めということで
    マリンタイムプラザ内にあるうどんの川得にて生醤油うどんをいただきました。

    生醤油うどん


    そのまま、シンボルタワーの屋上展望から
    瀬戸内サンセットを堪能。
    遠くの方に見えているのが本州なのかな~と思いながら
    なんとなく切ない気分でいっぱいになりました。
    瀬戸内海の夕焼け



    その後、駅の隣のスーパーへ買出しへ。

    おつまみに金時豆のてんぴらを。
    P1020367.jpg

    あとおみやげには「しょうゆ豆」!
    コリっとした食感で美味しかったです。
    P1020381.jpg



    そしてサンライズ瀬戸号に乗車。
    サンライズ瀬戸
    帰りは1人用個室です。

    サンライズBソロ

    一番ランクの低いソロという個室の下段です。

    狭いけれど快適でした。人の目を気にしないで良いって素敵ですね。
    鍵もかかるので、トイレにいったりするにも安心です。

    個室の電気を消して、流れゆく車窓を眺めているのが楽しかったです。
    真っ暗な車内から見る夜景は初めてでした。


    そんなこんなで、少しリッチな四国旅行は幕を閉じました。
    関連記事

    0 Comments

    Leave a comment