小坂・鉄道まつり~鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(3)~

    2012.10.12 (金)

    今回、鹿角ホルモンを食べるための旅行でしたが
    偶然にも小坂・鉄道まつりと日程が重なったので
    翌日は小坂に向かいました。

    小坂は昨年観光しまして、お気に入りの町の1つです。

    ここには2009年に廃止になってしまった小坂鉄道があります。(旅客は94年まで)
    今も有志などの協力により、駅や鉄道設備などが綺麗に残されていて
    このようなイベントも開催しているそうです。


    行楽には絶好の晴天!


    100円の傷害保険加入料を支払って入場します。
    最近では珍しくなった硬券。入り口(改札口)ではパチンと入鋏してくれます。


    中は自由に見て回れるところも多いので、写真などを撮影。

    ラッセル車。4回(午前2回、午後2回)動作実演もありました。

    機関車庫も4回(午前2回、午後2回)公開されていたので、参加してみました。


    この時のガイドしてくださった方によれば、
    小坂駅はこれから綺麗に修繕されるそう。
    来年のイベントはさらにパワーアップしていそうです。
    (※追記※「小坂鉄道レールパーク」オープン後の記事もあります→エボルタ電車もあります♪小坂鉄道レールパーク


    その後、保線用の軌道モーターカーに乗車体験しました。



    のんびりした雰囲気で楽しかったです(*^_^*)
    ここまで紹介したのは小坂駅の会場ですが、
    セパーム会場もあり、そちらでは記念スタンプや鉄道模型展示を楽しめます。


    お昼になり、前日一緒にホルモンを食べたきしのさんと合流。
    お弁当を買ってきてくださり、ごちそうになってしまいました。

    秋田内陸縦貫鉄道鷹巣駅で土休日に販売している(11/4まで)駅弁で
    夏のあゆ弁当に続く秋バージョンのようです。





    ぶなかのかと比内地鶏の炊き込みご飯を中心に
    まいたけのてんぷらや、しいたけ焼きなど秋がぎゅぎゅっと詰まっています。

    ミズの実(コブと呼ぶそう)も入っていました。
    ミズはぬめりがある山菜ですが、癖がないので、山菜の中では一番好きだったりします。
    でも茎の部分しか知らなかったので、実も食べられるとは驚きでした。
    実も少しぬめりがあって、やはり癖はなく美味です。

    右上の写っているのはカルメロのゼリー。
    カルメロとは北秋田の特産品で、かりんに似た果物だそうです。
    私は今回はじめて知りましたが、のどに良いそうなので乾燥するこの季節に有難いですね。

    その地域の季節の物を味わえる素敵なお弁当でした。
    ごちそうさまです!


     ▼鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブシリーズ
    鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(1)~稲庭分水嶺~
    鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(2)~鹿角「ホルモン幸楽」へ~
    鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(3)~小坂・鉄道まつり~
    鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(4)~紅葉開始の八幡平~

    関連記事
    東北ローカル線パスの旅(5)-念願の秋田内陸縦貫鉄道(2013/01/26)
    東北ローカル線パスの旅(4)-角館を徒歩で探索(2013/01/25)
    紅葉開始の八幡平~鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(4)~(2012/10/13)
    ●小坂・鉄道まつり~鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(3)~(2012/10/12)
    鹿角「ホルモン幸楽」へ~鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(2)~(2012/10/11)
    稲庭分水嶺~鹿角ホルモン食べるぞ!ドライブ(1)~(2012/10/10)
    東北の夏祭り巡り(5)~鹿角花輪駅に寄り道~(2012/08/17)

    テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

    タグ: 秋田  駅弁  観光スポット  鉄道 

    秋田の観光  |  Comment(0)  |  TrackBack(0)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する

    URL
    COMMENT
    PASS  編集・削除するのに必要
    SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
     

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://hinata22.blog37.fc2.com/tb.php/515-64393049
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲PageTop

     | HOME |