ひなたぼっこ

    ARTICLE PAGE

    盛駅と気仙沼駅でBRTの様子を見てきました。

    岩手県沿岸南部をドライブしてきました。

    まずは釜石に立ち寄り大好きな「新華園」へ。
    細麺が特徴の釜石ラーメンですが、
    もちもちした麺が本当に美味しいんですよ~(*^_^*)


    消費増税前と比べて、全体的に30円値上がりしたようです。

    前回気になっていたチャーシューメン870円を注文。

    炙られたチャーシューが美味しい♪



    関連ランキング:ラーメン | 釜石駅小佐野駅




    その後、南下しながら駅に立ち寄りました。


    まずは盛駅。
    この駅には三陸鉄道南リアス線と、JR大船渡線が乗り入れています。


    三陸鉄道南リアス線についてはすでに全線で運行を再開しており
    この日も通常通り運行していました。
    右側3番線がそうです。

    そして左側2番線は、以前は大船渡線の線路だったわけですが
    アスファルトで埋められています。
    BRTというバス専用道路を使ったバス運行システムになっているからです。


    バスが来たので別の場所から。

    この道路が以前は線路だったとは…なんとなく信じられない感じです。


    駅から出発すると以前は大船渡線の踏切だった場所にでました。


    バス専用道路には一般車が入らないようバーが下がっています。


    その後、陸前高田市で奇跡の一本松などを見て
    更に南下して、宮城県気仙沼市へ。

    今度は気仙沼駅に立ち寄りました。


    ここも改札口前のホームは
    アスファルトで埋め立てられて気仙沼線のBRTの道路になっています。
    (盛駅から来た大船渡線のBRTは駅の外のバスのりばに到着します)



    最近は、鉄道旅をする機会もすっかり減ってしまいましたが、
    私は一応は鉄道好きですので
    線路がなくなっていまった光景は少し寂しくもありました…。

    でも地元の人たちにとっては鉄道での再開とBRTでの再開、
    どちらのほうが良かったのだろう?
    やっぱりBRTの方が本数も多くて便利なのかな?と思うと
    仕方のないことなのかもしれませんね。
    (BRTは仮復旧という位置づけではあるようですが)


    今後気になるのは岩手県内の山田(海)線のありかたです。
    関連記事

    0 Comments

    Leave a comment