ひなたぼっこ

    CATEGORY PAGE

    復活した「マルカンビル大食堂」に行ってきました♪

    約1年ぶりに花巻市・旧マルカンデパートの大食堂に行ってきました。
    新しい名前は「マルカンビル大食堂」。

    1年前に行ったときには「これで最後になるかも?」と書きましたが、
    まさか本当に復活するなんて!


    エレベーター前に行列情報があり
    待ち時間が分かるハイテク仕様。
    DSC_1799

    行ったのは3月中の平日でしたが、なんと食券を買うまで25分待ち~。
    (写真は帰りに撮ったものなので、私が待った時間とは異なります)

    行列場所の階段がけっこう寒くて
    車にコートを置いてきてしまったことを後悔。
    これから行く方は待つ時用に上着があったほうが安心ですよ。

    待ち時間はほぼ表示通りでした!


    食券を買う順番がまわってきまして
    今回は中華そばを。420円。
    DSC_1796
    他のメニューと比べて提供も早いです。
    昔ながらの懐かしい味わいでした。


    デザートは豪勢にバナナクレープにしてみました。
    500円なんですが、
    ボリュームにびっくり!(写真だと比較対象がなくて分かりにくいですが…)
    DSC_1795
    クレープの中にまるごと1本のバナナが入っているほか
    クリームも他のフルーツもたっぷりです。


    帰りにビルの1階に新しくできたカフェで
    「マルカンブレンドコーヒー」(M378円)を持ち帰りで購入。
    DSC_1800
    注文後にハンドドリップで淹れてくれる美味しいコーヒーです。
    盛岡のナガサワコーヒーがマルカン用にブレンドしたものらしいです。

    スイーツ類も充実。こちらもテイクアウトできるみたい。





    関連ランキング:定食・食堂 | 花巻駅




    <マルカンデパート時代の記事>
    これが最後?マルカンデパート大食堂(2016年3月 マルカンラーメンとティラミス)
    安くてボリューム満点!マルカンデパート大食堂(2015年11月 ナポリカツとソフトクリーム)
    昭和レトロな食堂~花巻・マルカンデパート(2012年3月 オムライスとソフトクリーム)

    帰りはスーパーオセン。掘り出し物発見!

    湯夢プラザで寒ざらしそばを食べた帰り道。

    当ブログをご覧になっている方はすでにお分かりかもしれませんが、
    西和賀町に行ったら必ず寄ってしまうのが
    スーパーオセンです。

    もちろん今回も大きなクーラーボックス持参で行ってきました。

    ※以下この記事については税抜表記です。

    DSC_1624
     ・長ねぎ(細めですが7本くらい) 98円
     ・キャベツ 135円
     ・レタス 100円
     ・大根 135円
    このあたりは安さで嬉しくてニヤニヤしちゃいました。

    あと毎回のように買っちゃうまいたけ500gが398円。

    「あじにぼし」は義両親が美味しい(なおかつ、オセンなら安い)と言っていたのでだし用に。


    DSC_1627
    今回加熱調理用の魚は少なく、サワラのみ。
    当日の夕飯(刺身)用にはサーモン、鯛、あじを買いました。

    肉は豚肩ロース切り落としと牛切り落とし。
    オセンの肉は安くても美味しいと思うので大量に買って冷凍しました。


    DSC_1626
    そして今回の掘り出し物がこれです。
    栃木の高級いちご銘柄スカイベリー。
    1度は食べてみたいな~と思っていたら
    1パック298円でした。
    あまりの安さに三度見しました。

    大きくて甘くて美味しかった!

    普通のスーパーじゃ500円超えなので買えません~~。



    ちなみに西和賀に行ったこの日は
    雪あかりの開催日でした。
    DSC_1622
    県道1号の沿道でも町民の皆さんが作業中でしたし、
    スーパーオセンの駐車場でも準備中。

    本当は宿が空いていれば泊まって見たかったんですけど、
    数日前に突然西和賀に行くことになったので
    さすがに空きはありませんでした。

    ニュースの映像等、とても綺麗だったので
    来年はちゃんと前もって計画を立てて見に行きたいな。

    冬だけの「寒ざらしそば」を@湯夢プラザ(西和賀町)

    先日、ローカル番組『夢見るピノキオ』で
    「寒を愉しむ」という特集をやっていまして
    その中で気になった寒ざらしそばを食べに行ってきました。

    場所は西和賀町、ほっとゆだ駅前の湯夢プラザ。

    番組でも紹介していた「大ざるそば」(1000円)を注文しました。
    DSC_1620

    寒ざらしそばとは、そばの実を冷たい水と冷気に晒したものだそうで、
    雑味が抜け甘みが増し、舌触りが良くなるのだそうです。

    なんとなくもちもちしたような食感で
    あまり十割そばっぽくない感じですね。
    舌触りが良いといえばそうなのかも!
    大サイズでしたが、するするっと食べられ、完食。


    ちなみに寒ざらしそばの乾麺もお土産コーナーで売っていました。




    関連ランキング:そば(蕎麦) | ほっとゆだ駅




    湯夢プラザはおみやげも充実しているのでお買い物♪

    まず「大根の一本漬」(450円)。
    DSC_1628
    これを買うことも今回西和賀に行った目的の1つでした。
    長くなるので、これについては後日詳しくアップします。
    (※アップしました→『西和賀の「幻の漬物」買ってきました♪』)


    あとは納豆汁の素(250円)。

    納豆と味噌を練ったものが入っているので
    自分でだし汁や具材を用意すればOKというものです。
    DSC_1629
    納豆汁については、湯夢プラザのお食事処で食べることもできますよ♪


    それと、Korvaのパン。
    これについては「道の駅錦秋湖でKORVAのパンを購入」に書きました。

    旅の最後にスーパーオセンで買い出し。

    中尊寺を参拝した翌日。

    北上から帰る前に、
    「スーパーオセン」に行きますよ!
    ホテルで保冷剤も冷凍しておいたのでバッチリ。

     ※この記事はすべて税抜価格表示です


    今回は
     豚ロース 100g99円
     開きいわし 4枚240円
     銀鮭 4切れ350円
     サバ 4半身220円
    といった感じ。

    あと下の方に見切れているのが初めて見たオセンオリジナルウインナーです。
    製造は岩手畜産流通センター。
    無着色だと店内放送で宣伝していました。
    85g入り×2袋で280円。


    今回は野菜はあまり買っておらず、
    サニーレタス 95円
    大根 1本98円
    の2品のみ。


    夕飯用にはこれを。

    たい、ぶり、まぐろです。


    一緒に買ったお惣菜の鶏の山賊焼き(写真の分量で224円)と合わせて。



    あと今回はマルちゃん正麺(しょうゆ、味噌、鶏白湯、担担麺)が275円なのが安かったかな。
    担担麺はまだ食べたことがなかったので買ってみました♪



    オセンで買った戦利品を携え、帰宅しました。
    これにて旅行記はおしまいです。



     ▼2016年晩秋 岩手県南旅行記
    1.のんびり過ごす湯川温泉・吉野屋
    2.ここにしかない味!しかも500円@銀蝶(奥州市水沢区)
    3.晩秋の中尊寺。
    4.旅の最後にスーパーオセンで買い出し。

    晩秋の中尊寺。

    昼ごはんを食べた奥州市から20分ほど走り、中尊寺に到着。
    残念ながら雨模様です。


    紅葉はほぼ終わりでしたが、
    まだきれいに残っているところもありました。




    今まで来たことがあるのは春と夏で
    緑が眩しいイメージだったので
    この景色は新鮮!

    金色堂は何度見ても素晴らしいですね~。
    3度目なので細部を目を凝らして見ることに専念しました。



    中尊寺のあとは毛越寺にも行く予定だったのですが
    雨が降っているこの日は寒く、足腰も疲れてしまったので
    宿泊地に北上に向かいました。
    (※宿泊地が北上なのは、平泉周辺の安めのホテルに空きがなかったためです)



     ▼2016年晩秋 岩手県南旅行記
    1.のんびり過ごす湯川温泉・吉野屋
    2.ここにしかない味!しかも500円@銀蝶(奥州市水沢区)
    3.晩秋の中尊寺。
    4.旅の最後にスーパーオセンで買い出し。